ビリヤードのルールnavi > ビリヤードのルール > コールショットについて

コールショットについて

ポケットビリヤードの種目によっては、ポケットする球をあらかじめ宣言してから ショットする場合があります。

コールショットとは

コールショットとは、「あらかじめポケットする球と、 ポケットする穴を指定(これを「コールする」といいます)」してからショットすることです。
コールショットに対して、特にポケットする球を宣言することなくプレイする場合を 「ノーコールショット」といいます。

コールショットの方法

プレイヤーは、撞く前に、「ポケットするカラーボール、ポケットする穴」 の順で宣言します。(試合では、レフリーがコールを復唱し確認する 場合があります)
プレイヤーはコールした後に、通常通りショットします。

ポイント
コールする球は、最初に当てる的球である必要はありません。
例えば、最初に当てる的球が4番で、ポケットしたい球が9番であれば、 「9番、コーナー」とコールすればよいのです。(コールの例)
そういう意味で、このページでは、「ポケットするカラーボール」という 表現を使っています。

プレイヤーの交代

ポケットされたカラーボール・ポケットした穴がコールと違っていた 場合は、ポケットされたカラーボールをフットスポットに戻し、 プレイヤーは交代します。(ファウルではありません。)

ポイント
※カラーボールがコール通りにポケットされて、かつ、他のカラーボールも  同時にどこかのポケットに入った場合は、他のカラーボールも  ポケットされたことが有効となります。

ポケットする穴の呼び方

コールショットでは、ポケットする穴を次のようにコールします。
  • コーナー
      ビリヤード台の4隅にあるコーナーポケットのことです。
  • サイド
      ビリヤード台の長クッションの真ん中にあるサイドポケットのことです。
  • コーナーバンク
      ビリヤード台の4隅にあるコーナーポケットにバンクショットでポケットすることです。 (バンクする回数に制限はありません)
  • サイドバンク
      ビリヤード台の長クッションの真ん中にあるサイドポケットに、バンクショットでポケットすることです。 (バンクする回数に制限はありません)
  • クッション
      的球に当てる前に、最低1つ以上のクッションを経由することです。
      クッションをコールした場合、セーフプレイであれば、 的球に当てた後どのカラーボールがポケットされても有効となります。
  • セーフティ
      カラーボールをポケットするつもりがなく、単にセーフプレイをする 場合のコールです。(もちろん、番号の一番小さい的球に当てることが できなければファウルとなります)
      上級者は、的球をポケットすることが難しい場合、 難しい配置を残して相手のプレイヤーに交代させることもあります。

コールの例

実際のコールの仕方を例に挙げてみます。

「1ボール、コーナー」
⇒1番の的球をコーナーポケットにポケットします。
「2ボール、サイド」
⇒2番の的球をサイドポケットにポケットします。
「3ボール、コーナーバンク」
⇒3番の的球をバンクショットでコーナーポケットにポケットします。
「4ボール、サイドバンク」
⇒4番の的球をバンクショットでサイドポケットにポケットします。
「クッション」
⇒的球に当てる前にクッションを経由させます。

その他

通常、コールショットのゲームは全てのショットをコールします。
しかし、コールショットのゲームにおいても、ブレイクショットに関してのみ、 ノーコールショットが有効となります。
さすがにブレイクショットでコールすることは無理ですよね。(^^;
なお、「14−1ラック」という種目では、ブレイクショットもコールショット しなければなりません。(「14−1ラック」はとても難しいゲームのため、 ビギナー・初心者向けである本サイトでは紹介していません)


ビリヤード上達DVD
「ビリヤードのルールnavi」お勧めの初心者向けビリヤード上達DVDは、 ビリヤード初心者でも上達できる!プロが教える実践練習法です。
ビリヤードがうまくなりたいなら、一度チェックしてみてくださいね。
ビリヤードの雑誌
ビリヤードを上達したいなら、ビリヤードの雑誌を購読するのもよいですね。
QUE'S(球's)なんかは大会情報やテクニックの連載の他にも、初心者向けコーナーがあるのでビリヤード初心者が本気でビリヤードをしたいときの絶好の情報誌といえますよ。
ビリヤード雑誌QUE'Sのイメージ

ビリヤードの雑誌 CUE'S
お気に入りに入れませんか?
「ビリヤードのルールnavi」をgoogleに追加する
⇒⇒⇒  Add to Google

This website is powered by Movable Type 3.2-ja Br@ve.