ビリヤードのルールnavi > ビリヤードのルール > バンキング 〜プレイの順番を決める〜

バンキング 〜プレイの順番を決める〜

ビリヤードは、通常1対1で対戦します。そして、1人づつ交代でプレイします。 そのため、どちらのプレイヤーが最初にプレイするのかを決める必要があります。
仲間内で楽しくゲームするのであれば、ジャンケンなどで決めてもよいですが、 せっかくビリヤードを楽しむのだから、ビリヤードらしくビリヤードのルールで プレイの順番を決めてはいかがでしょう。

バンキングとは

バンキングの図
バンキングとは、ビリヤードにおいて、プレイの順番を決めるための方法です。
ゲームの前にバンキングを行い、バンキングで勝ったプレイヤーが、先攻後攻の選択を することができます。

バンキングの方法

2人のプレイヤーがヘッドレール側に並びます。
ヘッドライン内に球をそれぞれ1個好きなところに置き、 フットレール側の短クッションに向かって球を撞きます。(球は何でもかまいません)
撞いた球がクッションされてヘッドレール側の短クッションに戻ってきますが、このとき、 ヘッドレール側の短クッションにより近いところに球が止まったほうのプレイヤーが 勝ちとなります。
ちなみに、両方の球がヘッドレール側の短クッションからの距離が 同じとなった場合は、やり直しとなります。

図の例では、白球(手玉)を撞いたプレイヤーのほうがヘッドラインに より近い位置に持ってきているため、白球を撞いたプレイヤーがバンキングの 勝ちとなります。(図の黄色い囲み線の部分を見てください)

バンキングのファウル

次のような場合はファウルとなり、相手に先攻後攻の選択権が与えられます。
  • 撞いた球がスクラッチしたとき
  • 撞いた球がテーブルから飛び出したとき
  • 撞いた球がフットレール側のクッションに当たらなかったとき
ちなみに、2人ともファウルとなった場合はやり直しとなります。


ビリヤード上達DVD
「ビリヤードのルールnavi」お勧めの初心者向けビリヤード上達DVDは、 ビリヤード初心者でも上達できる!プロが教える実践練習法です。
ビリヤードがうまくなりたいなら、一度チェックしてみてくださいね。
ビリヤードの雑誌
ビリヤードを上達したいなら、ビリヤードの雑誌を購読するのもよいですね。
QUE'S(球's)なんかは大会情報やテクニックの連載の他にも、初心者向けコーナーがあるのでビリヤード初心者が本気でビリヤードをしたいときの絶好の情報誌といえますよ。
ビリヤード雑誌QUE'Sのイメージ

ビリヤードの雑誌 CUE'S
お気に入りに入れませんか?
「ビリヤードのルールnavi」をgoogleに追加する
⇒⇒⇒  Add to Google

This website is powered by Movable Type 3.2-ja Br@ve.