ビリヤードのルールnavi > ビリヤードの種目 > ナインボールのルール

ナインボールのルール

ポケットビリヤードの中でも大人気のナインボールのルールについて説明しています。

ナインボールとは

ナインボールは、映画「ハスラー2」でも登場した、ポケットビリヤードで最もポピュラーなゲームです。
ルールは単純明快。テーブル上の一番小さい番号の的球に当てて、ポケットします。 (このとき、ポケットする球は、的球以外でもかまいません。)そして、最終的に9番の球を ポケットすれば、そのゲームは勝ちとなります。
的球の散り方によっては、ビリヤード初心者が上級者相手にも勝つ場合があります。
通常は、事前に決めたゲーム数で勝敗を決めます。

ナインボールの基本的なルール

ナインボールの基本的なルールは、次のとおりです。
  • 手玉は、最初に数の一番小さい的球に当てなければならない。
  • 数の一番小さい的球に当てていれば、その後どの的球が ポケットされても有効となる。
  • 9番の的球をポケットしたプレイヤーが勝ちとなる。

ナインボールの並べ方

ナインボールの並べ方については、「ナインボールの並べ方」のページを確認してください。

ナインボールにおけるファウル(反則)について

ナインボールにおけるファウル(反則)は、次のとおりです。
  • 手玉がスクラッチしたとき
  • 手玉を一度に二回以上撞いたとき(二度撞き)
  • 手玉または的球が、ビリヤード台を飛び出したとき
  • 手玉や的球を触ったり、手玉や的球に衣服が触れたりしたとき(玉触り)
  • 的球をキューで撞いたとき
  • 両足が地面から離れた状態で撞いたとき
  • 手玉が最初に数の一番小さい的球にあたらなかったとき
  • 的球がポケットされず、かつ、手玉・的球のいずれもクッションに入らなかったとき(ノークッションファウル)
ファウルとなった場合は、ポケットされた的球は無効となり、 フットスポットに戻します。

プレイヤーの交代

次のような場合に、プレイヤーが交代となります。
  • 的球、または他のカラーボールがポケットされなかった場合
  • ファウルとなった場合

ファウルとなったときの対応

ファウルによってプレイヤーが交代した場合、交代したプレイヤーは、手玉を好きな位置に 置いてからプレイすることができます。

その他

参考ですが、ナインボールでは、3ファウル(3回連続でファウルすること)すると、そのゲームは負けとなります。(ビギナー・初心者の方はここまで厳密にしなくてもよいかもしれませんが。。)


ビリヤード上達DVD
「ビリヤードのルールnavi」お勧めの初心者向けビリヤード上達DVDは、 ビリヤード初心者でも上達できる!プロが教える実践練習法です。
ビリヤードがうまくなりたいなら、一度チェックしてみてくださいね。
ビリヤードの雑誌
ビリヤードを上達したいなら、ビリヤードの雑誌を購読するのもよいですね。
QUE'S(球's)なんかは大会情報やテクニックの連載の他にも、初心者向けコーナーがあるのでビリヤード初心者が本気でビリヤードをしたいときの絶好の情報誌といえますよ。
ビリヤード雑誌QUE'Sのイメージ

ビリヤードの雑誌 CUE'S
お気に入りに入れませんか?
「ビリヤードのルールnavi」をgoogleに追加する
⇒⇒⇒  Add to Google

This website is powered by Movable Type 3.2-ja Br@ve.