ビリヤードのルールnavi > ビリヤードの用語 > ビリヤードの技術に関する用語

ビリヤードの技術に関する用語

このページでは、ビリヤードの技術に関する用語を説明しています。

厚み
手玉と的球が当たるときの、それぞれの球の重なり具合のこと。 手玉と的球の重なり具合が大きいと「厚い」、小さいと「薄い」という。 厚みが薄いほど、ポケットすることが難しい。
押し球
手玉の中心より上部を撞くことによって、手玉に前進回転を与えること。 フォローショットともいう。 押し球は、手玉が的球に当たってからも前進する。
空クッション
手玉を的球に当てる前に、クッションを経由させること。
キューミス
手玉の端を撞くと、タップが手玉の表面をすべり、「カチッ」という音がでて 手玉を撞けないことがある。このことをキューミスという。キューミスは ファウルとなる場合がある。
ショット
手玉を撞くこと。
ストップショット
手玉の中心を撞き、的球に当てたあと手玉がその位置に止まるようなショットのこと。 手玉と的球とポケットが一直線になっていると、キチンとストップします。
ネクスト
的球をポケットした後、次の的球をポケットしやすい位置に手玉を持っていくこと。 「出し」ともいう。
セーフティ
的球をポケットすることを目的とせず、相手が当てづらい、または狙いづらい配置に して相手に順番をまわすこと。
バンクショット
的球を直接ポケットに落とすのではなく、的球を一旦クッションに入れて からポケットに落とすこと。
引き球
手玉の中心より下部を撞くことによって、手玉に後退回転を与えること。 ドローショットともいう。 引き球は、手玉が的球に当たってから逆回転で、戻るようになる。
ヒネリ
手玉の右または左を撞くことによって、手玉に横回転を与えること。イングリッシュともいう。
ヒネリが入った手玉は、クッションに入ると、中心を撞いたときに比べて、反射角が大きくなる。 (または小さくなる)
ブレイク
ポケットビリヤードで、ゲームの最初に、ラックに組まれた的球に 手玉を当てて散らすこと。
ブレイクショット
ラックに組まれた的球をブレイクさせる、ゲームの最初のショットのこと。
ブレイクランアウト
ナインボールで、ブレイクショットで的球をポケットした後、相手に一度も 撞かせずに9番まで全て取りきってしまうこと。マスワリともいう。
ポケット
的球をポケットに落とすこと。「ポケットする」という。また、「入れ」ともいう。
ポジションプレイ
的球をポケットした後に、手玉を次の的球が狙いやすい位置(的球をポケットしやすく、 かつ、その次の的球にネクストをしやすい位置)にもってくるようにすること。
ポケットビリヤードの上達には必須の技術です。
ランアウト
ナインボールで、相手のブレイクが入らず、プレイヤー交代後から相手に一度も撞かせずに 9番まで全て取りきってしまうこと。裏マスともいう。


ビリヤード上達DVD
「ビリヤードのルールnavi」お勧めの初心者向けビリヤード上達DVDは、 ビリヤード初心者でも上達できる!プロが教える実践練習法です。
ビリヤードがうまくなりたいなら、一度チェックしてみてくださいね。
ビリヤードの雑誌
ビリヤードを上達したいなら、ビリヤードの雑誌を購読するのもよいですね。
QUE'S(球's)なんかは大会情報やテクニックの連載の他にも、初心者向けコーナーがあるのでビリヤード初心者が本気でビリヤードをしたいときの絶好の情報誌といえますよ。
ビリヤード雑誌QUE'Sのイメージ

ビリヤードの雑誌 CUE'S
お気に入りに入れませんか?
「ビリヤードのルールnavi」をgoogleに追加する
⇒⇒⇒  Add to Google

This website is powered by Movable Type 3.2-ja Br@ve.