ビリヤードのルールnavi > ビリヤードで遊ぶ前に > ハウスキューの選び方

ハウスキューの選び方

マイキューを持っていないビリヤード初心者の方は、ビリヤード場でハウスキューを 借りてビリヤードを楽しみます。
そこで、ビリヤード場で借りるハウスキューの選び方について、説明します。

ハウスキューを選ぶ

たいていのビリヤード場では、カベ沿いにハウスキューがズラリと並んでいます。 ここで、早まってデザインのよさや、見た目のカッコよさでキューを選ぶことは避けましょう。
キューの役目は、プレイヤーの動きを正しく手玉に伝えることです。デザインのよさなどは キューの役目に関係ありませんから、ビリヤード初心者の方は注意してくださいね。

ハウスキュー選びのチェックポイント

キュー先のタップを確認

まず、キュー先についているタップをチェックします。
タップがキューから外れそうになっていたり(この状態を「タップが浮いている」などと言ったりします)、 タップの一部が欠けていたりすると、プレイヤーの動作が正しく手玉に伝わりません。 そのため、キュー先にタップがしっかりとついているかどうか確認してください。

タップの状態は次のようにチェックします。
  1. キュー先とタップの間がピッタリと密着されているかどうか、目で見て確認します。
  2. タップが浮いていると、キュー先とタップの間にすき間があいています。
    ハウスキューを選ぶときは、キュー先とタップの間にすき間のないものを選びましょう。

キューシャフトの曲がりを確認

手玉を正確に撞くためには、キューがまっすぐであることが重要です。
そのため、ビリヤード場のハウスキューを選ぶときには、キューのシャフトが曲がっていないか、 確認してください。

キューのシャフトの曲がり具合は、次のようにチェックします。
  1. ビリヤードテーブルにキューを静かに置き、軽く転がします。
  2. キューを転がしたとき、キュー全体が波打つように見えると、そのキューのシャフトは曲がっています。
    キューが波打つことなくスムーズに転がるキューを選びましょう。

補足

ビリヤードを始めたばかりのときは、ハウスキューを使ってビリヤードを楽しむことで十分です。
ビリヤード初心者の方は、自分の動きを正しく手玉に伝えることのできるキューを選んで、 ビリヤードに慣れてくださいね。


ビリヤード上達DVD
「ビリヤードのルールnavi」お勧めの初心者向けビリヤード上達DVDは、 ビリヤード初心者でも上達できる!プロが教える実践練習法です。
ビリヤードがうまくなりたいなら、一度チェックしてみてくださいね。
ビリヤードの雑誌
ビリヤードを上達したいなら、ビリヤードの雑誌を購読するのもよいですね。
QUE'S(球's)なんかは大会情報やテクニックの連載の他にも、初心者向けコーナーがあるのでビリヤード初心者が本気でビリヤードをしたいときの絶好の情報誌といえますよ。
ビリヤード雑誌QUE'Sのイメージ

ビリヤードの雑誌 CUE'S
お気に入りに入れませんか?
「ビリヤードのルールnavi」をgoogleに追加する
⇒⇒⇒  Add to Google

This website is powered by Movable Type 3.2-ja Br@ve.