ビリヤードのルールnavi > ビリヤード ワンポイント > ブレイクでキレイに玉を散らすために注意すること

ブレイクでキレイに玉を散らすために注意すること

ナインボールなどでブレイクをすると、ときどきボールが散らないことがあります。 こんなときには、ラックがきちんと組まれているのかをチェックしましょう。

たとえば、ナインボールの場合には、ラックを組むときに必ず頭の3つの ボールがしっかりと密着するように組みます。
こうすることで、ブレイクしたときにラックがキレイに割れる(散る)ようになります。
ラックがキチンと組まれていれば、ブレイクショット力をいれなくても、ボールは散ってくれます。

また、自分がブレイクするときも、ブレイクの前には少なくともラックの先頭3つのボールが 密着して組まれているかどうか確認する習慣をつけておくとよいです。
ブレイク前にラックがキチンと組まれていない場合は、相手にラックの組み直しを してもらいましょう。(将来試合なんかに出場した場合には、ラックはしっかりとチェックしましょうね)





ビリヤード上達DVD
「ビリヤードのルールnavi」お勧めの初心者向けビリヤード上達DVDは、 ビリヤード初心者でも上達できる!プロが教える実践練習法です。
ビリヤードがうまくなりたいなら、一度チェックしてみてくださいね。
ビリヤードの雑誌
ビリヤードを上達したいなら、ビリヤードの雑誌を購読するのもよいですね。
QUE'S(球's)なんかは大会情報やテクニックの連載の他にも、初心者向けコーナーがあるのでビリヤード初心者が本気でビリヤードをしたいときの絶好の情報誌といえますよ。
ビリヤード雑誌QUE'Sのイメージ

ビリヤードの雑誌 CUE'S
お気に入りに入れませんか?
「ビリヤードのルールnavi」をgoogleに追加する
⇒⇒⇒  Add to Google

This website is powered by Movable Type 3.2-ja Br@ve.